引き渡し後に分かった欠陥もどんどん改善対応してもらうべき

注文住宅でも一戸建ての建て売り住宅であっても、引き渡し後に気づく欠陥は必ずと言って良いくらい有るものです。夢の一戸建てですからそこらへんはきっちり最初に確認したいですね。

引き渡し前の建築会社との立ち会い確認の際には気づかなかったことも有る筈です。

「コンセントの位置が指定した場所と違う」、「壁に傷が付いている」、「フローリングが一部浮いている」など後々気づくことも多々あるのは普通なことです。

「立ち会い確認の時には何も言わなかったじゃないですか」などと返してくる建築会社は、相当な悪徳業者です。多くの場合は、入居後数ヵ月経った後でも設計と違う点や明らかに施工が悪いのが原因の欠陥には確りと対応してもらえる筈ですので、遠慮せずに逐一連絡を入れるべきだと思います。

基本的には、建築会社の費用負担での改善・改修ではなく、実際に作業をしたメーカーや施工業者が行う形になるので、担当営業はそれを迅速に処理出来るか否かの差になってきます。

抑も住宅業界では、注文住宅でも建て売り住宅でも最初から完全なものは無いと言っても過言ではなく、お客様からの指摘事項に対処していくのが一般的なスタイルとなっている部分もあることから、入居後に見つけた結果については、「無償で対処してもらえる」内は、遠慮せずにどんどん対応してもらうべきです。

 

 

PR|女性向けエステ.com|お小遣いNET|ショッピングカート|住宅リフォーム総合情報|クレジットカードの即日発行じゃけん|心の童話|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|お家の見直ししま専科|内職 アルバイト|オーディオ|生命保険の選び方|JALカード|英語上達の秘訣|アフィリエイト相互リンク|GetMoney|